■ お別れの時      毎週火曜日  優希2018.10.16

最近、続けてお葬式がありました。どちらも高齢の方なので、悲しみというより
人生の幕引き、どのようにこの世とお別れするかと…教えてもらったような…
お一人は、亡くなるまで、元気で美しい方で、棺には胡蝶蘭がいっぱい!
もう一人は、仕事一筋の人生で、晩年は痴ほう症で施設生活、どちらも一所懸命
生きてこられたと思います。しかし、残された家族の生活に違いが出ていると感じました。
終活は、しっかりしておいた方がいいのでは、と思う帰路でした。